スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットショップのない国ドイツは殺処分ゼロ!

ドイツのペット事情はすごいです!なんとペットショップがありません。
ペット用品店はあっても、生体は売っていないのです。
動物にストレスをかけるから禁止!ということになり、
繁殖業者も厳格な法律を守りながら、数を制限されている
事実に又驚き!
そして動物ホーム「TIERHEIM」と呼ばれる500以上ある民間の保護施設で
犬、猫、ウサギ、馬など色々なペット達は、新しい飼い主が来るのを待ち
病気を治し、そして余生を全うするのです!
これが施設の一例ですが、700団体、40万人以上の会員とボランティアで行政の
お金は使わずに遺産と寄付だけで成り立つという事!これも驚きです。
ドイツティアハイム動物ホーム
そして手軽な寄付としては、スーパーの入り口に置かれた施設への寄付BOX
ドイツのスーパー
何から何までペット先進国、それも1871年からの歴史があるとの事……
戦争中も継続していたそうです。
ドイツは犬税があり、年間1万円程の税金が取られますが、それも
生体をむやみに増やさない、責任を持って飼育することの自覚となります。
厳格な法律が細かくあって、違反すると多額の罰金が科せられるのです。
一方、日本歯と言うと、年間28万頭(平成20年)1日当たり767頭もの
ペット達を殺処分している現実があります。
今登録等数は犬が685万4901頭で、猫も合わせると実際には2168万頭
(ペットフード業界調べ)もいるといわれています。
15歳未満の子供が1860万人位ですからペット数のほうが上ですね。
飼えなくなったから保健所へとか、繁殖業者が持ち込んだりすることで
動物達の命が毎日消されていると思うと、いたたまれません。
ぜひドイツ並みの水準にしたいものです。
なお、ドイツでは施設関連の雇用で10万人の就労が生まれ、また
動物訪問を受けれている老人ホームの薬依存率が低下して、なんと
年間21億ユーロものお金が浮いたそうです。
つまり、人と動物の良い関係は、社会にとっても大変有意義なことに
なります。
動物を飼育することで子供の脳の発達が促されることや、心臓発作の
再発防止、コレステロール低下、血圧安定と医学的にも研究されている
今、日本も無駄な殺生ではなく、動物を生かすことで活かす方法を
本気で考えなければならないとつくづく思っています。
詳細は地球生物会議のホームページをどうぞ御覧ください。
地球生物会議ALIVE 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

セントポール君

Author:セントポール君
21世紀社会で犬と人間との関係はどう変化していくのか
仕事で訪れた様々な国のイヌと人との関係や歴史
そして未来における人と動物の関係を考えていきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。